feedback
このページの評価をお願いします

サポート情報をお探しですか?


インターンシップおよび協働プログラム

オン・セミコンダクターで働く学生の皆様が体得する実社会経験によって、皆様は従業員の一員となったときに競争力を持つことができます。皆様が学生従業員になることによって、オン・セミコンダクターの組織、経営スタイル、文化を知る機会を得ることができます。

協働プログラムおよびインターンシップ・プログラムは、オン・セミコンダクターにとって重要なものです。なぜなら、これらのプログラムは、当社が皆様のような有望な人材を見出す助けとなるからです。プログラムに参加している学生は、常用雇用という長期にわたるコミットメントに適しているかどうかの検討の対象となることが多々あります。

オン・セミコンダクターの学生インターンまたは学生協働者には、各人の研究分野に関連する職務が割り当てられます。賃金は、皆様が大学で研究に携わってきた年数に基づいています。

協働プログラムかインターンシップか?

学生協働者になるべきか学生インターンになるべきか、決めかねている方もいるかもしれません。これらの学生従業員が行う業務の種類は全く同じです。ただし、下記のような若干の違いがあります。

協働者:公認の4年制または5年制大学の連携教育プログラムに参加し、学士号以上の学位の取得を目指します。協働者の年間労働時間は任意であり、パートタイムで働くことも可能です。協働者としての地位が継続される期間は、多くの場合、6~7ヶ月間となっています。

インターンシップ:インターンとして、専門的な業務経験を積むこともできます。オン・セミコンダクターでは、多くのインターンが学期間の夏休みの間に働いています。インターンの中には、学校年度を通してパートタイムで働く人もいます。

地位の利用可能性

主な雇用時期は、学校の年間行事予定表に従って、秋、春、および夏となっています。ただし、オン・セミコンダクターは、協働プログラムおよびインターンシップ・プログラムのために雇用すべきトップ・クラスの学生を年間を通して継続的に募集しています。

資格

オン・セミコンダクターは、協働プログラムおよびインターンシップ・プログラムに大学生と大学院生の両方を雇用しています。指定校のカレッジまたは大学のフルタイムの学生は参加申し込みができます。複数の職務を経験することも可能です。協働者またはインターンとして応募を検討している方は、学業が優秀であることを示す必要があります。関連の業務または研究経験を持っている必要があり、またチームワークでの優れたリーダーシップやコミュニケーション能力、およびスキルをアピールできなければなりません。さらに、インタビューの過程で高い評価を得る必要があります。

関連学位

電気工学、化学工学、コンピュータ工学、コンピュータ情報システム、ビジネス、マーケティング、財務、サプライ・チェーン・マネジメント

インターンシップ職務および協働職務の配置先

オン・セミコンダクターは北米各地でこれらのポジションを提供しています。

求人情報の検索