feedback
このページの評価をお願いします

サポート情報をお探しですか?


BelaSigna 300:デザインの柔軟性

デザインの柔軟性を提供する最適化されたオープン・プラットフォーム

BelaSigna 300の CFX/HEARデュアル・コア・アーキテクチャは、24ビットのオープン・プラマブル DSPコアと高度に設定可能なアクセラレータ信号処理エンジンにより、比類ない柔軟性を備えています。BelaSigna 300は固定ファンクションASICの消費電力とサイズで、汎用DSPの柔軟性を提供します。

デュアル・コア・アーキテクチャは、均一にバランスのとれたワークロードを可能にし、処理効率を最適化して、プロセッサ・クロック・スピードおよび消費電力を抑えます。

HEAR構成可能アクセラレータ・エンジン

柔軟性に優れたアクセラレータ・エンジンは、CFX と並列に動作し、低遅延、高忠実度解析や均一および非均一バンドにおける合成フィルタバンクなど、一般的な信号処理タスクを効率的に実行します。

CFX DSPコア

完全にプログラム可能な 24 ビット・デュアルMACデジタル信号プロセッサ(DSP)コアは、エコー・キャンセレーション、アダプティブ・ノイズ・リダクション、音声強調などの高度な計算集約アルゴリズムの同時実行時に、BelaSigna 300システムを制御するよう最適化されています。

入力

BelaSigna 300の 4 つの独立したオーディオ入力は、ハンズフリー・カー・キットなどのアプリケーションで、高度なオーディオ処理アルゴリズムの展開を可能にします。複数のマイクやダイレクト・アナログ・オーディオ入力のために、4 つの入力ソースを同時に使用することができます。複数のインタフェースにより、他のシステムおよび標準的な HMI 機器にシームレスに接続できる柔軟性が実現します。

SoC Single Die 130nm