feedback
このページの評価をお願いします

サポート情報をお探しですか?


IVNのための回路保護

車載ネットワーキング(IVN)は、自動車環境で車両が完全に機能するのに必要な各種電子部品間の情報交換手段として使用される通信基盤です。今日、自動車での電子コンテンツが増え続けているため、より広い帯域幅が必要となり、その結果、旧式のLINおよびCANバスは、FlexRayやEthernetで補強されていることが分かります。FlexRayは、CANのほぼ10倍の速度で動作するだけでなく、高信頼性フォールト・トレラント・プロトコルによって安全性が強化されており、パワートレインや安全機構における影響を受けやすい車載アプリケーションに魅力的な規格になっています。Ethernetは、十分に理解されたプロトコルと広い帯域幅を備え、自動車エレクトロニクス用次世代車載ネットワークと考えられています。

アプリケーション デバイス ハイスピードペア 最大データレート 差動インピーダンス (Ω) C Max (pf) VBR Min (V) VRWM Max (V) IR Max (µA) IPP Max (A) VC Max (V) No Ch トポロジ ESD IEC61000-4-2 (Contact/Air) パッケージ
Ethernet NUP2114 1 100 Mb/s 100-150 1 5.5 5 1 12 10 2 単方向 ± 8 kV / ± 15 kV TSOP-6
FlexRay NUP2115 1 10 Mb/s 90 10 26.2 24 0.1 3 39.7 2 双方向 ± 8 kV / ± 15 kV SOT-23
HS CAN NUP2105 1 1 Mb/s @ 40 m 120 30 26.2 24 0.1 8 44 2 双方向 ± 30 kV / ± 30 kV SOT-23
LIN & LS CAN NUP1105 Single Wire 19.2 Kbaud @40 m - 30 25.7 24 0.1 8 44 2 双方向 ± 30 kV / ± 30 kV SOT-23



特長/利点
IVN
Diagram

NUP2115 Very Low Capacitance Over Voltage

NUP2115 Very Low Capacitance over voltage graph


キーデバイス Lines 容量 (pF) パッケージ
NUP1105 1 30 SOT-23-3
NUP2105 2 30 SOT-23-3
NUP2115 2 10 SOT-23-3
NUP2114 2 1 TSOP-6, SOT-553