feedback
このページの評価をお願いします

サポート情報をお探しですか?


Struix™とは?

小型化 | 開発コストの低減 | 改良された設計の柔軟性 | 超低電圧 32ビット マイクロコントローラ(ULPMC10) | カスタマイズ可能なアナログ・フロントエンド (AFE) 及びドライバ

Struix chipStruixは、高度なダイスタッキング技術を用いてカスタム設計のアナログ・フロントエンド(AFE)を業界最先端の32ビット特定用途向け標準品(ASSP)マイクロコントローラ(ULPMC10)に組み込むことにより、完全なミニチュア・システムを作り上げています。

Struixは、標準およびカスタマイズ可能なコンポーネントを使用することにより、医療機器メーカーに「二つの長所」を提供します。そのソリューションは、医療機器メーカーが独自の医療センサ・インターフェース・アプリケーションを開発するために必要な設計の柔軟性を提供すると同時に商品化の時間を短縮しコスト効率性を高めます。

block diagram

小型化


開発コストの低減


改良された設計の柔軟性


超低電圧 32ビット マイクロコントローラ (ULPMC10)

  • 最大5 MHz 、200 uA / MHz未満の消費電力で稼働 (ULPMC10 は最大30メガヘルツ(MHz)の高い周波数で僅かに高い電流において稼働)
  • 重要なプログラムとユーザーデータを保管するための512 kB オンチップ・フラッシュメモリ
  • 24 kB オンチップSRAMメモリ

    ULPMC10



カスタマイズ可能なアナログ・フロントエンド (AFE) 及びドライバ

MosquitoAFE

インタフェース例 アプリケーション
低電位インタフェース
ISFET インタフェース
電気伝導インタフェース
オンチップ温度センサ
ECG 入力バッファ
計装用増幅器

対応モデル

  1. ご連絡
    お客様のプロジェクト・ニーズのご相談のために、お客様の地域のオン・セミコンダクターのセールス・サポート・オフィスにご連絡ください。
  2. リサーチ
    Struix及びULPMC10 マイクロプロセッサについてご確認いただきます。Struixのアプローチがお客様のプロジェクトに有益であるかどうかご判断いただきます。
  3. 開発
    オン・セミコンダクターは、AFE/ドライバの仕様の決定から、プロトタイプと評価、及び最終のStruixによる製品の生産まで、プロジェクトのあらゆる段階を通して、お客様と連携し進めてまいります。