Hans Stork

シニア・バイスプレジデント 兼 最高技術責任者(CTO)

役員

ハンズ・ストーク博士は、オン・セミコンダクターの製品の研究開発を担当するシニア・バイスプレジデント兼最高技術責任者(CTO)として、2011年に同社に入社しました。 ストーク博士は技術と製品の開発で30年近くの経験を持ち、Applied Materials社のSi システムグループのグループ・バイスプレジデント兼CTO、Texas Instruments(TI)社のシニア・バイスプレジデント兼CTO、およびTI社のSi テクノロジー開発のディレクターなどのさまざまな指導的職務を歴任しました。同氏は、Hewlett Packard社やIBM Research社など、半導体業界をリードする革新的企業の数社と協力してきました。

ストーク博士は、Stanford Universityで電気工学の博士号を、オランダのDelft Universityで電気工学修士(Cum Laude:優等賞)を取得しています。同氏は、数多くの科学論文と論文を執筆しており、また、SematechとSRC(Semiconductor Research Corporation)の取締役を務めました。現在、IMECの科学諮問委員会の委員を務めています。