feedback
このページの評価をお願いします
サポート情報をお探しですか?

医師が患者に会わない医療: 新型コロナ禍中およびコロナ後の遠隔医療の動向

著者:  Shola Slough  - 08-25-2020 

現在もまだ続いている COVID-19(新型コロナ感染症)の世界的なパンデミックは、私たちの生活のあらゆる側面に変化をもたらしています。仕事のやり方から子どもへの教育、展示会への参加に至るまで、ウイルスの拡散を可能にする人的接触を制限するために、私たちは皆がリモートモデルにすばやく適応する必要がありました。

新型コロナ以前でさえ、医療機器業界はすでに遠隔監視とサービス提供に向けて動いていました。例えば、米国議会で可決された2017年補聴器法は、補聴器業界にとって大きな変革の要因となりました。これにより、軽度から中程度の聴覚を解決するための、セルフ・フィッティング(自己補正)および店頭販売(over-the-counter、OTC)補聴器への道が開かれました。2018年半ば、FDAは2020年8月に一般用補聴器のカテゴリー確立のための要件とプロセスを公表する書簡を発行しました。OTCモデルは、消費者が補聴器を入手するための別のチャネルを提供し、また Bluetooth® Low Energy コネクティビティは、スマートモバイルデバイスとのセルフ・フィッティングを可能にするプロトコルです。

一方、Bose®は、ダイレクト・トゥ・コンシューマー(Direct to Consumer、DTC)と呼ばれる直接販売モデルによる独自の市場開拓 (Go-to-market) アプローチを発表し、2018年10月後半にFDAの承認を取得完了しました。この OTC と同様のアプローチにより、利用者は、ヘルスケア提供者が実施する代わりに、補聴器を自己補正しプログラムすることができます。

新型コロナは2020年2月後半までに国際的な注目を集め、3月には多くの国がパンデミックの国家的緊急事態を宣言していました。その後、4月に興味深いことが起こりました。Oticon®は、4月16日に 「Oticon RemoteCare」 プラットフォームを発表しました。このプラットフォームにより、聴覚医療従事者がより多くの患者を遠隔で手助けし、調整や微調整を行うことができます。その翌日、Starkey® は Google Cloud Storage™ サービスとのパートナーシップを発表し、「Hearing Care Anywhere (どこでも補聴器)」プロジェクトを拡大しました。また、4月23日には、GN ReSound® は、その Resound Assist Live at-home サービスとのミックスに追加しました。

補聴器業界以外では、遠隔医療が医療界全体のトレンドになっています。3月2日、Masimo® は、重要なバイタルサインと血液酸素濃度(SpO2)を持つPPG(フォトプレチスモグラフィー)モニターからの呼吸速度のFDAによる認可を発表しました。その後、数日のうちに、Masimoは遠隔監視用の臨床グレードの遠隔医療(テレヘルス)ソリューションである 「SafetyNet™」 の全面的な市場投入を発表しました。このようなイノベーションにより、医療従事者は患者のケアに妥協することなく、物理的な距離の要件を遵守できるようになります。さらに、「COVID-19(新型コロナ)」ウイルスの拡散を阻止する戦いが続いており、接触者の追跡に関連した進歩も数多く見られます。

 

 

RSL10 Bluetooth5 無線ファミリー

オン・セミコンダクターの製品 RSL10 Bluetooth Low Energy デバイスにより、接触者追跡とヘルスケア IoT の一翼を担っています。この製品は、市場で最小の電力のFlashベースの性能を提供しています。当社の最近のお客様の成功事例の1つに、インテリジェント・ロケーション(Intelligent Locations)という企業の、接触者追跡と資産管理アプリケーション向け製品があります。同社は、既存製品のサイズを維持、または縮小し、優れたスリープ時、受信時、送信時の電力を組み合わせることで、電池寿命を2倍以上に伸ばす無線ソリューションを必要としていました。しました。RSL10はすべてのニーズを満たし、それを上回りました。

半導体ソリューションは、新型コロナ感染症の治療においても不可欠であり、医療用人工呼吸器輸液ポンプを可能にするだけでなく、スマートオペレーションのためのリモート監視、リモート患者ケア、資産管理のトレンドを支えています。オン・セミコンダクターは、これらの市場アプリケーションにサービスを提供するだけでなく、革新的なソリューションを通じて生活を向上させることを意図しています。

 

SEMI Virtual Healthtech Summit: Microtechnology-Enabled Solutions in Overcoming COVID-19

SEMI バーチャル・ヘルステック・サミット: COVID-19を克服するためのマイクロテクノロジー対応ソリューション

オン・セミコンダクターのシグナルプロセッシング、ワイヤレス、メディカル部門のビジネスマーケティングディレクタを務めるスティーブン・ディーン(Steven Dean)が、2020年7月16日にオンラインで開催された、SEMIバーチャルヘルステックサミットに講演者として出席しました。このオンラインイベントでは、COVID-19(新型コロナウィルス感染症)の克服を目的としたマイクロテクノロジー対応デバイスを紹介し、世界の医療技術コミュニティとマイクロテクノロジー・コミュニティが協力して、パンデミックへの備えを強化することの重要性に焦点をあてています。

こちらから登録を行うことで、このオンラインイベントのアーカイブ配信を視聴できます。業界のトレンド、および医療業界に役立つ最新のソリューションと技術についてさらに学びましましょう。

 

 

<

オン・セミコンダクターのブログを読者登録し、ソーシャルメディアでフォローして、
最新のテクノロジ、ソリューション、企業ニュースを入手してください!

Twitter | Facebook | LinkedIn | Instagram | YouTube   

 

 

Tags:IoT, Internet of Things, Medical, Portable and Wireless
この記事の感想は?
0 0 0 0 0

コメントを投稿

Eメール・アドレスは公開されません。 *印は必須項目です

名前*

Eメール・アドレス *

コメント

コメント記載上のルール
Your request has been submitted for approval.
Please allow 2-5 business days for a response.
You will receive an email when your request is approved.
Request for this document already exists and is waiting for approval.