feedback
このページの評価をお願いします
サポート情報をお探しですか?

Wi-Fiベースの固定ワイヤレスアクセスソリューション

著者:  ON Semiconductor  - 05-19-2020 

Wi-Fiは最近、その誕生から20周年を迎えました。現代のデジタルライフスタイルはWi-Fiに大きく依存しているため、Wi-Fiの使用前の生活、あるいはWi-Fiのない生活を想像するのは困難です。私たちのWi-Fiの使用は、私たちの生活のさまざまな側面に広がっています。たとえば、仕事、友人や家族とのつながり、宿題の実行、エンターテインメントのストリーミングなどがあります。2022年までに、インターネットのユーザ数は48億人になり、インターネットに接続されるデバイス(コネクティッドデバイス)は285億個になるでしょう。Cisco社のVNI予測(Cisco’s Virtual Networking Indexによると、これはユーザ1人あたり平均5.9台のデバイス(機器)です。私たちが日常的に利用しているすべてのコネクティッドデバイス(接続機器)やサービスにより、より高速なブロードバンドサービスに対する要求が急速に高まっています。

米国の連邦通信委員会(Federal Communications Commission、FCC)の2019年ブロードバンド導入レポート(2019 Federal Communications Commissionによると、米国人の都市部の人口の98.3 %は、少なくとも25 Mbps(ダウンロード速度)/ 3 Mbps(アップロード速度)のサービスと接続していました。ただし、これは2017年末時点でのFCCの速度ベンチマークです。一般的にこの速度は、ほとんどのインターネットサービスプロバイダにとって基本パッケージと見なされています。ビデオおよび大容量データのアプリケーションは、今日の家庭で引き続き膨大な需要があります。それは、2022年にはインターネットビデオトラフィックの合計が、全インターネットトラフィックの82 %に増加すると予想されているためです。この成長により、基本的な速度を超えて、より高速なブロードバンドサービスのニーズの増大を促すと期待されます。さらに、地方の米国人の26 %は、まだ速度のベンチマークの範囲に入っていませんでした。国の規模と従来のファイバネットワーク展開コストと複雑さを考慮すると、米国全体に高速インターネットを提供することは困難でした。固定ワイヤレスアクセス(Fixed wireless access 、FWA)は、都市部と地方で高速ブロードバンドサービスを提供し、デジタルデバイド(情報格差)を解消する手段として、サービスプロバイダの間で勢いを増しています。

ワイヤレステクノロジを使用するFWAは、ファイバネットワークのようなブロードバンドアクセスを提供して、顧客施設までのラストワンマイルをカバーできます。 FWA基地局は、建物の屋上または一戸建て住宅に設置された受信機ユニットに、ミリ波および/または免許不要の無線媒体を介してデータを送信します。その後、データは受信機から家庭内のルーターに送信されます。 FWAは、ブロードバンド接続を都市部と地方の両方にもたらし、固定回線の設置の手間や費用をかけずに、地域に適したブロードバンドサービスのさまざまな階層を提供する理想的なソリューションです。

Wi-Fiベースのソリューションは、大量市場向けチップセットを活用するFWAに使用されています。オン・セミコンダクターのQSR10G-AX(Wi-Fi 6)およびQSR10G(Wi-Fi 5)ソリューションは、最大10 Gbpsの速度、8x8 MIMO(マルチ入力/マルチ出力)、および先進のマルチユーザーMIMOをサポートし、最大容量を提供し、その結果、高密度環境で優れた性能を実現します。 OFDMA(Orthogonal Frequency-Division Multiple Access、直交周波数分割多元接続)、160 MHzチャネル、1024-QAMなどの新しいWi-Fi 6拡張機能を使用すると、より高いネットワーク容量と優れた性能を実現できます。

Wi-FiベースのFWAは、地域を超えた広帯域幅に対して増え続ける消費者の需要を満たすために、事業者が既存の固定回線インフラをアップグレードまたは補完することにより、ブロードバンドネットワークを付加価値サービスで拡張するための非常に魅力的なオプションになっています。このWi-Fiベースのソリューションは、同じWi-FiチップセットタイプをFWAベースステーションとホームゲートウェイに使用できるため、より柔軟でコストが最適化されています。OEMは、両方の製品セットの共通Wi-Fiプラットフォーム全体での研究開発投資を節約できます。kのファイバネットワークのような能力により、ミリ波帯や免許不要の帯域を使用して、密集した都市部の市場と地方に対応できます。FWAネットワークは、Wi-Fi 6技術の進歩と市場規模の波に乗って、大きなコストパフォーマンスの利点と市場投入時間の短縮化を実現できます。サービスが提供されていない地域やサービスが行き届いていない地域のエンドユーザーは、よりリーズナブルな価格でより高速なインターネット環境を得て、自宅で高解像度のビデオストリーミング、オンラインゲーム、その他のインターネットサービスを楽しむことができます。 

オン・セミコンダクターのWi-Fiソリューションと、それらを使用して設計ニーズを満たす方法についてご覧ください。

Tags:Networking and Telecommunications, Portable and Wireless, Internet of Things, IoT
この記事の感想は?
0 0 0 0 0

コメントを投稿

Eメール・アドレスは公開されません。 *印は必須項目です

名前*

Eメール・アドレス *

コメント

コメント記載上のルール
Your request has been submitted for approval.
Please allow 2-5 business days for a response.
You will receive an email when your request is approved.
Request for this document already exists and is waiting for approval.