自律走行車: イメージセンシングの進歩に向けたパートナーシップ

著者:  Radhika Arora  - 2021-07-27 

自動車が先進運転支援システム(ADAS)から完全な自律走行/自動運転に移行するにつれ、重要な技術的実現手段は、自動車が周囲の世界を感知するための高度なセンサです。オン・セミコンダクターは、40年以上にわたるイメージング技術の遺産を有しており、現在、4億個以上のオン・セミコンダクターのセンサが世界中の自動車に搭載され、運転支援機能をサポートしています。

米国自動車技術会(SAE - www.sae.org)は、自動車が完全に運転者の操作によるものから、ADASによる運転者支援を経て、特定のシナリオでは完全に自動化され、最終的にはあらゆる状況下で自律的に動作するようになるためのロードマップを定義しています。このモデルは2つに分かれており、下位のレベル(1、2、3)ではドライバーが責任を持ちながら運転支援のレベルが上がっていく様子が描かれ、上位のレベル(4、5、6)では自動化のレベルが上がっていく様子が描かれています。高いレベルの自動運転では、一部またはすべての状況でドライバーの役割はありません。

SAEモデルの下位レベルでは、ドライバーをサポートするためにセンシングが使用されていますが、自動化レベルが高くなると、車両の進路にある障害物を特定し、それを回避するための主要な手段として、ドライバーの目を置き換えるセンシングの重要性が高まります。

人間の目は、さまざまな光の状態に適応する優れた能力を持っています。この目の特性をセンサで再現するには、ハイダイナミックレンジ(HDR)が重要なパラメータとなります。これは、センサが同じフレーム内で、シーンの最も暗い部分と最も明るい部分を、彩度の過不足なく見分ける能力のことです。言い換えれば、センサは、急に明るい太陽の角度/反射にさらされたり、昼間のトンネルを出入りしたりするなど、周囲の光の状態が変化しても影響を受けない必要があります。

自動運転のためのもう一つのトレンドは、センサの高解像度化です。これは、自律走行車がより遠くまで見通すことができ、同時にあらゆるサイズの物体を検知する能力が必要とされているためです。基本的には、対象物の1度あたりのピクセル数を増やすことで、自動運転アルゴリズムの作業を対象物の検出と分類の両方でより効率的に行うことができます。

これらの技術革新の背景には、基本的な画素技術の進歩があります。AR0820AT 8.3 MP CMOSデジタルイメージセンサは、2.1 µmのDR-Pix BSIピクセルとオンチップの140 dB HDRキャプチャ機能により、低照度と困難なハイダイナミックレンジの両方のシーンに最適化されています。このセンサには、ピクセル内ビニング、ウィンドウウィング、ビデオモードおよびシングルフレームモードの両モードなどの高度な機能が搭載されており、柔軟な関心領域(ROI)を提供します。また、高度なウェハースタッキング技術により、低消費電力でコンパクトなパッケージ設計を実現しています。

AR0820ATは、Euro NCAP 2020などのADASシステムの関連規格に準拠しています。さらに、この高解像度センサには、ISO26262に準拠したリアルタイムの機能安全機能が搭載されており、潜在的な問題やエラーがあれば、画像を読み込むことなく即座に特定することができます。この機能により、わずか数分の1秒しか節約できませんが、高速道路を走行する車両が1秒間に約100フィートを移動することを考えると、このようなエラーへの迅速な対応は非常に重要です。

先週発表されたように、オン・セミコンダクターはAutoX社と協力して、次世代の自動運転技術の開発に取り組んでいます。AutoX社は、SAEレベル4自律走行技術のリーダーとして既に認知されており、同社のRoboTaxiおよびRoboTruckソリューションに導入されています。

AutoX社は、完全なドライバーレスのRoboTaxiサービスを公道で運用している中国で最初の企業であり、上海、深圳、武漢などの中国の主要都市で数百台のRoboTaxiを展開しています。また、AutoX社は、カリフォルニア州車両管理局(California Department of Motor Vehicles、DMV)から完全な無人運転のロボタクシーの認可を取得した2社目の企業です。

AutoX社は、同社のソリューションに28個のオン・セミコンダクターのイメージセンサをすでに使用しており、今後、8MBのセンサやLiDARを搭載した最初のソリューションを市場に投入する予定です。AutoX社はオン・セミコンダクターとの協力関係の一環として、技術ロードマップと重要なロードテストのデータを共有し、オン・セミコンダクターが自律走行車の実際のニーズに基づいてイメージセンシングのポートフォリオを進化させ続けることを可能にします。

 

オン・セミコンダクターのブログを読者登録し、ソーシャルメディアで当社をフォローして、
最新のテクノロジ、ソリューション、企業ニュースを入手してください!

Twitter | Facebook | LinkedIn | Instagram | YouTube   

 

この記事の感想は?
0 0 0 0 0

コメントを投稿

Eメール・アドレスは公開されません。 *印は必須項目です

名前*

Eメール・アドレス *

コメント

コメント記載上のルール
Your request has been submitted for approval.
Please allow 2-5 business days for a response.
You will receive an email when your request is approved.
Request for this document already exists and is waiting for approval.