オンセミ、栄誉あるElektra Awardsの5部門で受賞候補に

著者:  onsemi  - 11-27-2021 
Electronics Weekly Elektra Awards Shortlist

Electronics WeeklyのElektra Awardsは、最も歴史があり、最も権威のある賞の一つであり、エレクトロニクス業界全体の様々な賞の中で厳しい競争が繰り広げられています。審査員による広範な審議、討論、議論を経て、この賞はロンドンのプレゼンテーションナイトでクライマックスを迎えますが、オンセミonsemi)は合計5つの賞で最終選考に残っています。

 

IoTプロダクト・オブ・ザ・イヤー: RSL10スマートショットカメラ

RSL10 Smart Shot Camera - Elektra Awards IoT Product of the Year

IoTプロダクト・オブ・ザ・イヤーの受賞候補に選ばれた「RSL10スマートショットカメラ(RSL10 Smart Shot Camera)」は、クラウドベースの人工知能(AI)と超低消費電力のトリガー画像キャプチャを組み合わせたプラットフォームで、監視カメラ、ファクトリオートメーション、スマートアグリカルチャなど、多くのIoTイメージングアプリケーションを可能にします。

このプラットフォームには、超低消費電力のBluetooth® Low Energy技術を提供する「RSL10 SIP」や、360fps CMOSイメージセンサARX3A0」などの革新的な技術が採用されており、カラーイメージングをサポートします。これらの技術は、高度なモーションセンサーや環境センサーと組み合わせることで、自律的に画像を撮影し、その中の物体を識別することができる完璧なソリューションを提供します。

詳細はこちらをご覧ください。

 

半導体プロダクト・オブ・ザ・イヤー(アナログ):1200Vシリコンカーバイド(SiC)製2パックモスフェット・モジュールとNCP1680 PFCドライバ

1200 V Silicon Carbide 2-Pack MOSFET Module and NCP1680 PFC Driver, Analog Semiconductor Product of the Year Elektra Awards

オンセミの2つの製品が、「半導体プロダクト・オブ・ザ・イヤー(アナログ)」部門の最終選考に残りました。1つ目の製品は、電気自動車(EV)充電市場の厳しいニーズに対応するために開発された、18~20ボルトの駆動電圧に最適化されたプレーナ技術を用いた1200Vのシリコンカーバイド(SiC)2パックMOSFETモジュールです。ダイ面積が大きいため、熱抵抗が小さく、既存の主流技術であるトレンチ型のMOSFETよりも性能が向上しています。

このSiC MOSFETデバイスには、温度監視用のNTCサーミスタが組み込まれており、効率の向上、電力密度の向上、EMIの改善、システムの小型・軽量化を実現しています。

詳細はこちらをご覧ください。

NCP1680 Totem Pole Critical Conduction Mode PFC Controller

半導体プロダクト・オブ・ザ・イヤー(アナログ)部門でのもうひとつの受賞候補は、革新的なトーテムポール型臨界伝導モードPFCコントローラIC「NCP1680」です。古典的なブーストPFCステージの効率は通常約97%ですが、ダイオードを低オン抵抗のワイドバンドギャップ(WBG)アクティブスイッチに置き換え、ブーストインダクタとスイッチの位置を再配置することで、効率を大幅に改善することができます。これをブリッジレス・トーテムポールPFC(Totem Pole PFC、TPPFC)と呼んでいます。しかし、TPPFCでは、正確なタイミングで制御信号を送る必要があり、一般的にはマイクロコントローラが必要で、組み込みソフトウェアが必要となります。そのため、この方法に移行すると、設計の複雑さとコストが大幅に増加します。

「NCP1680」は、業界初のブリッジレスTPPFC専用アナログミックスドシグナルコントローラーで、WBGスイッチの駆動に必要な制御アルゴリズムを統合しており、TPPFCの設計を大幅に簡素化できます。「NCP1680」をベースにした300Wの電源は、高ラインおよび全負荷条件で99%近い効率を実現できます。

詳細はこちらをご覧ください。

 

オートモーティブ・エレクトロニクス・プロダクト・オブ・ザ・イヤー: RDM 1x12 SiPMアレイ

オートモーティブ・エレクトロニクス・アワードの部門では、オンセミは高性能シリコン光電子増倍管(SiPM)技術で再び候補に挙がりました。SiPMは、単一光子を検出することができ、車載用LiDARなどの長距離測距に必要な高コントラスト条件下で最高のS/N性能を発揮します。SiPMは、量産用CMOSプロセスを用いて製造されているため、最低の検出器コストを実現し、コスト重視の幅広いLiDARアプリケーションの普及を可能にします。

オンセミは、近赤外線(NIR)に対する優れた感度を実現するために、市場をリードするRDM SiPMプロセスを開発し、近赤外光に対する優れた感度を実現しています。また、905nmの波長で市場をリードする18.5%の光子検出効率(PDE)を達成しており、低反射率のターゲットであっても厳しい条件下で長距離動作を可能にしています。「ArrayRDM-0112A20-QFN」は、重要なAEC-Q102認証を初めて取得し、IATF 16949に準拠して開発されました。

詳細はこちらをご覧ください。

 

パワーシステム・プロダクト・オブ・ザ・イヤー: NCL31000 LEDドライバ

NCL31000 LED Driver, Power System Product of the Year Elektra Awards

5つ目の受賞候補製品は、パワーシステム・プロダクト・オブ・ザ・イヤーのカテゴリで最終選考に残った「NCL31000」で、これは光による位置決め技術と可視光通信機能を備えたLED照明器具の開発を可能にする、先進の照明エンジンです。この技術は、データインテリジェンスと正確なポジショニングを追加することで、スーパーマーケット、倉庫、病院、空港など、さまざまな空間の照明に革命をもたらします。

0.1% (1mA) の精度で完全な暗闇まで調光できる機能は、最も低い調光設定でもゴーストライトが発生しないことを保証する重要な機能であり、これにより光による位置決め技術と可視光通信(visible light communication、VLC)が可能になります。これらのシステムは、スパークが発生する可能性があるためにRFベースのソリューションを使用できない多くの場所や、RFに敏感な機器が使用されている場所(病院や航空機)でも安全です。さらに、VLCシステムは、建物の外にいる人がRFエネルギーを傍受することができないため、非常に安全です。

詳細はこちらをご覧ください。

この記事の感想は?
0 0 0 0 0

コメントを投稿

Eメール・アドレスは公開されません。 *印は必須項目です

名前*

Eメール・アドレス *

コメント

コメント記載上のルール
Your request has been submitted for approval.
Please allow 2-5 business days for a response.
You will receive an email when your request is approved.
Request for this document already exists and is waiting for approval.