feedback
このページの評価をお願いします
サポート情報をお探しですか?

自動運転車:歴史によって採用の将来を予測できるでしょうか?

著者:  Radhika Arora  - 04-24-2020 

自動化に関連する技術の急速な進歩は革命的であり、私たちの生涯でこの変化を目の当たりにすることは特権です。自動化とモビリティの将来についてのすべての議論とディベートの中で、自動運転車の役割を無視することは困難です。自動運転車(autonomous vehicle、AV)の幅広い普及は、世の中に変革をもたらし、私たちの生活のほとんどすべての側面に影響をおよぼすでしょう。 AVは、私たちが生活し、旅行し、仕事をし、休暇を過ごし、レジャー活動を楽しむ方法を変える可能性を秘めています。

 

未来を予測する最良の方法は、過去を研究すること

車両技術の進歩と最終的な採用の歴史を見ると、最初の導入から大量採用に至るまでに数十年かかった技術があることは明らかです。例えば、自動変速機が米国で90 %の市場シェアに到達するには50年かかり、ナビゲーションシステムが普及するまでには30年以上を要しました。一方、他の技術では採用サイクルが大きくことなっていました。エアバッグは業界全体で比較的急速に広く採用されており、100%採用されるまでわずか25年しかかかりませんでした。別の例では、バックカメラは10年余りの間に普及し義務付けられるようになっています。最初の市販バックカメラは、発売された、日産の高級車部門であるインフィニティのフラグシップセダンQ45 に搭載され、2000年4月に米国のニューヨーク国際オートショー(International Auto Show)で発表されました。搭載の義務化予定から4年後2014年3月31日、米国運輸省道路交通安全局(U.S. National Highway Traffic Safety Administrationは、2018年5月以降に米国で販売されるすべての自動車にバックカメラの搭載を義務付けることを発表しました。

エアバッグとバックアップカメラの例における類似点は、安全性への明らかな影響と比較的速い市場への普及に加えて、どちらも政府から義務付けられたという事実です。したがって、規制が大規模な展開とそれによる普及で役割を果たすと仮定すると、これはAVの規制の新しい議論にどのように影響するでしょうか?現在、自動運転車に関する政府の規制について最良の要約は、「要件はありません。評価はありません。実際の基準は発行されていません」というものです。

 

AVを取り巻く現在の課題

2020年1月初旬、米国運輸省長官であるイレーン・チャオ(Elaine Chao)氏は、自動車メーカーやテクノロジ企業のコンプライアンスを一切必要としない自動運転車に関する最新のガイドラインを発表しました。チャオ氏は、「このようなイノベーションには、安全性、市場開放、公共資源の戦略的配分、公益の保護を確保するための適切な政府の監督が必要です」と言及しています。AV技術に関するホワイトハウスからの声明が発表されたのはこれが初めてで、それは始まりですが、私たちが必要とするところへは、まだ長い道のりです。発表された新しいAV に関する文書は、自動車メーカーがAV の安全性に焦点を合わせる必要性を強調していますが、その必要性を義務付けてはいません。それは単に自発的なものです。またこの文書は、この急成長する技術分野において規制当局が直面している厄介な問題を強調していません。

規制当局が直面する最大の問題の1つは、安全性の定義です。自動車メーカーは、車両が乗客と歩行者の両方にとって安全であるか否か、どの時点で分類できるか?規制当局は、現在のユーザー(または、意図することなく自動運転車の側にいるユーザー)に対する新技術のリスクと、将来のユーザー向けの潜在的な利益とをどのように比較し評価するか?研究施設の技術と限られたフィールドテストは飛躍的な進歩を遂げましたが、現在はこの技術のごく一部のみが、さまざまな自動車メーカーにより市販向けの自動車に実装されているにすぎません。多くの質問といくつかの回答がありますが、業界が「完璧なソリューション」と主張できる段階にはありません。連邦当局からの期待は、この「完全なソリューション」を定義することではなく、運用の枠組みを提供できることです。これには、革新者と規制当局の両方からの反復的なアプローチが必要になります。どちらか一方だけの運用できず、代わりに、技術を取り入れるためのパートナとして活動する必要があります。今日までに行われた支援ではなく、当局に対する積極的かつ効率的な支援が必要です。例えば米国では、連邦自動車安全基準(Federal Motor Vehicle Safety Standards)やその他の自動車関連の項目を含む連邦規制基準(Code of Federal Regulations)は49タイトル、500パートで構成されており、そこに約1,000の規定が含まれていますが、その3分の2は編集されていません。ある特定の規定が作成または更新されてから、平均で20年が経過しています。

自動運転車の採用に対するもう一つの障害は、すべての関係者間での受け入れと信頼の必要性が残っていることです。「クール」なテクノロジ自体が新しい交通手段の利点を人々に納得させるとは考えにくいでしょう。 AVは、交通渋滞、恵まれない人々や体の不自由な人のためのアクセシビリティ、回避可能な交通事故死など、交通システムに関する深い問題の解決に役立つことが期待されています。しかし、AV エコシステムの支持者は、利用者重視の遂行によって大多数の人々からの支持をえられなければ、この人生を変えてしまう機会の可能性を最大化できません。規制当局はこの革命の中心に位置し、このテクノロジが多く採用されるために必要な信頼を育む支援する責任があります。

政府は、革新的な企業が路上でより多くの試行を実施し、より幅広い普及が進むように、障壁を減らす役割を果たす必要があります。政府は、長期的な社会的利益(死亡・事故の減少、手頃な価格で便利な交通手段へのアクセスの拡大など)の目標を達成するために、開発と採用をスピードアップするための権限と特別な譲歩をさらに支援できます。オン・セミコンダクターは、お客様がこの複雑な技術課題を解決するのに役立つ、革新的なセンサ技術をもたらすことを目指しています。未来を予測する最良の方法は、未来を作り出すことです。

オン・セミコンダクターの更新情報を入手するために、引き続き当社のブログをお読みください。

Tags:CMOS, CMOS Image Sensor, Image Sensor, Automotive
この記事の感想は?
0 0 0 0 0

コメントを投稿

Eメール・アドレスは公開されません。 *印は必須項目です

名前*

Eメール・アドレス *

コメント

コメント記載上のルール
Your request has been submitted for approval.
Please allow 2-5 business days for a response.
You will receive an email when your request is approved.
Request for this document already exists and is waiting for approval.