feedback
このページの評価をお願いします
サポート情報をお探しですか?

堅牢な、ぶれやボケのないRFビデオストリーミング

著者:  Guy Nicholson  - 01-10-2019 

一人称視点(First Person View、FPV)レーシングドローンや将来的な自律搬送システムなど、遠隔モバイルデバイスに関する市場が発展するにつれ、幅広い光条件に対応できる堅牢な RFビデオリンクのニーズがますます高まっています。

これらの用途を可能にする最も重要な側面の1つは、デバイスが高速で移動しながら不自然さなく動画を取り込み、ストリーミングできることです。最大120 mphの速度で移動できるFPVレーシングドローンの例を考えてみましょう。これらのデバイスには、パイロットが着用するゴーグルに、動画を伝送するために必要なカメラが搭載されています。パイロットがドローンを効果的に制御するために、信頼できる高品質のビデオストリームをリアルタイムで受信することはきわめて重要です。

オン・セミコンダクターはDivimath, Incと連携し、最大1マイルの範囲内でRFリンクを通して、業界最先端のぶれやボケのない 60 fps ビデオストリームを生成しています。オン・セミコンダクターの先進の1/4インチ1.0 メガピクセル (Mp) (1280H x 800V) CMOS グローバルシャッタ・デジタル・イメージセンサと、 Divimathの低電力、低遅延RFトランスミッタ/レシーバを使用して、無線リンクを実装できています。この無線リンクは、レーシングドローンなどの半自律/自律デバイスを使用して、最大1マイルの範囲内でベースコントローラとリモートカメラ間でデータ伝送します。

AR0144 CMOS イメージセンサは、明るい場所でも暗い場所でも、不自然さのない、鮮明で正確な画像を提供します。高いシャッタ効率と信号雑音比により、ゴースト効果とノイズを最小限に抑え、全体的な画質を向上します。AR0144は、マスター/ビデオ、トリガ/シングルフレーム、および自動トリガ動作モードの選択により、高度な柔軟性を提供します。露光時間は、2線式シリアルインタフェースを介して制御され、ウィンドウサイズとブランキング回数の両方を設定することで、特定の関心領域 (Region of Interest 、ROI)をカバーするように、解像度とフレームレート(フル解像度で最大60 fps)を調整できます。チューニング、ウィンドウ生成、調整可能な自動露出制御、黒レベル補正など、様々なカスタマイズ機能により、幅広い用途に対応し、特定の用途のニーズに正確に合わせることができます。

DM5680はレイテンシがほぼゼロのワイヤレス HDビデオトランシーバ ICです。トランスミッタとレシーバとして機能する1組みのDM5680 は、空中から地上のユニットまで、比類のない堅牢な動画//音声/データの安全なリンクを提供します。DM5680 は1ミリ秒未満のレイテンシを実現するために、圧縮ビデオストリームではなく、生の動画データを送信します。DM5680は、優れた耐干渉性、低消費電力、小フットプリントを特徴とし、一人称視点(First Person View、FPV)の用途に最適なソリューションです。

オン・セミコンダクターと Divimathの低電力、堅牢、不自然さのないイメージングソリューションを使用することで、メーカーはレーシングドローンなどの用途向けに、信頼性の高い高速RFビデオストリーミングを生成できます。

詳細はこちらをクリックしてください。

AR0144 グローバルシャッタ・イメージセンサ

DM5680ビデオトランシーバ IC

 

この記事の感想は?
0 0 0 0 0

コメントを投稿

Eメール・アドレスは公開されません。 *印は必須項目です

名前*

Eメール・アドレス *

コメント

コメント記載上のルール
Your request has been submitted for approval.
Please allow 2-5 business days for a response.
You will receive an email when your request is approved.
Request for this document already exists and is waiting for approval.