オン・セミコンダクターのADAS技術が、SUBARUのアイサイトの「眼」を実現

著者:  onsemi  - 10-23-2019 

数年前は、前方の道を「見る」能力を備えたクルマはSF小説にすぎないと考えてよかったのかもしれません。しかし、自動車技術の最近および現在進行している開発により、新しいクルマはドライバー支援がまったくない場合より、環境を検出して交通安全に貢献する、ある能力を持つようになっています。

前方を見るカメラは、クルマの主要なセンシング要素になってきました。もはやラグジュアリー車にとどまらず、多くのミッドレンジおよびエントリーレベルのクルマに搭載されています。その汎用性が成功の鍵であり、イメージセンサは交通監視、障害物検出、速度標識認識、適応クルーズコントロール、車線逸脱警告、衝突防止ブレーキなど、さまざまなシステムにデータを提供できます。

照明が均一に管理された環境では、イメージシステムを開発し、必要とされる品質のデータを提供するのは比較的容易です。しかし、現実の世界では、理想とはほど遠い運転条件にしばしば遭遇します。先進運転システム(ADAS)が真に有益になるには、すべての気象条件で昼夜を問わず、最適なレベルで機能する必要があります。

ここでの課題として、明るい晴れた日であっても極端なコントラストがある不均一な照明の存在があります。特に冬季には、濡れた路面からのまぶしい光や、太陽の低い位置から受ける逆光が生じる可能性があります。夜間の課題は異なりますが、やはり厳しい状況があります。路上とクルマの高原がLED技術に移行しているため、高周波フリッカが発生します。これは人の目では感知できないかもしれませんが、イメージセンサにとっては大きな課題になります。

このような厳しい環境により、パフォーマンスと信頼性のニーズと相まって、ADASシステム向けに選択されるイメージセンサには、特定の機能要件が求められることになります。ADASアプリケション向けに、最近1億個の出荷を達成したAR0132は、オン・セミコンダクターの1.2MピクセルCMOSイメージセンサーで、自動車業界で最も採用されている信頼できるサプライヤのイメージセンサのひとつであることは明白です。

AR0132AT CMOSセンサーは、業界トップクラスの高ダイナミックレンジ、低照度性能、プログラマブル露光モードの組み合わせにより、多くの大手自動車メーカーにに採用されています。

日本のSUBARUもその自動車メーカーの1社です。AR0132ATは、同社の運転支援システム「アイサイト」の厳しい技術要件をクリアし、同システムに採用されています。

AR0132ATは、SUBARUの「アイサイト」システムの「眼」の機能を提供します。このステレオカメラ構成のシステムは、プリクラッシュブレーキ全車速追従機能付クルーズコントロール、車線逸脱警報などの重要な安全機能をサポートしています。SUBARUは、その車両の安全性における先駆的な役割と、AR0132ATイメージセンサの性能が少なからず貢献している「アイサイト」の実績のある能力に対して、数々の賞を受賞しています。直近では、IIHS (Insurance Institute for Highway Safety)、日本新車アセスメントプログラム(JNCAP)のASV+++ (Advanced Safety Vehicle Triple Plus)などを受賞しています。

決してSF小説ではなく、クルマの知覚は非常に多くの部分で主流になってきました。これは、オン・セミコンダクターが運転支援アプリケーションに向けて、AR0132ATイメージセンサの1億個の出荷を達成したという事実により裏付けられます。この市場をリードするCMOSベースのイメージセンサ技術は、多くの自動車メーカーとADASシステムのサプライヤ企業に認められており、結果として、オン・セミコンダクターはクルマのビジョンシステムで現在使用されている10個のイメージセンサのうち6個を供給しています。

Tags:Automotive
この記事の感想は?
0 0 0 0 0

コメントを投稿

Eメール・アドレスは公開されません。 *印は必須項目です

名前*

Eメール・アドレス *

コメント

コメント記載上のルール
Your request has been submitted for approval.
Please allow 2-5 business days for a response.
You will receive an email when your request is approved.
Request for this document already exists and is waiting for approval.