2022年2月17日(米国2022年2月14日発表):

Share

Electronic Design誌の権威ある賞が、その年の最も優れたパワーエレクトロニクス製品を表彰

2022年2月17日(米国2022年2月14日発表): インテリジェントなパワーおよびセンシン グ技術のリーディング・サプライヤであるオンセミonsemi、本社 米国アリゾナ州フェニックス、Nasdaq: ON )は、市場をリードする臨界伝導モード(CrM)ブリッジレス・トーテムポール力率改善(PFC)コントローラ「NCP1680」が、Electronic Design誌のPowerBest賞を受賞したことを発表しました。この賞は、引き続き非常に困難な年であった2021年に、エンジニアが他より優れた設計を実現することを支援した、非常に限られた数の電子パワー製品を対象とし、その設計の実現に貢献した人々を称えることを目的としています。

オンセミの「NCP1680」の受賞理由は、ミックスドシグナル・コントローラを使用したブリッジレス・トーテムポールPFCの独自の実装により、高性能電源の効率向上、コスト削減、設計の複雑さを軽減する優れたツールといったメリットを、設計者に提供したことです。このコントローラは、最大350Wまでのユニバーサル電源(90-265Vac)で動作する超高密度オフライン電源での使用に最適です。

ブリッジレス方式のトーテムポールPFCトポロジは、240Wの電源に使用される従来のPFC回路で約4Wを損失(全損失の約20%)する入力段のダイオードブリッジを排除し、パワーステージの効率を大幅に向上させます。NCP1680は、PWM(パルス幅変調)スイッチング周波数で駆動する高速スイッチングレグと、ACライン周波数で駆動するセカンドレグの制御信号を供給します。このコントローラは、従来のスーパージャンクションシリコンMOSFETから、SiC(炭化ケイ素、シリコンカーバイド)またはGaN(窒化ガリウム、外リウムナイトライド)トランジスタをベースとするワイドバンドギャップデバイスまで、ほぼすべてのスイッチングデバイスで使用できます。

NCP1680は、新たな電流制限アーキテクチャとライン位相検出メカニズムを採用することで、ブリッジレス・トーテムポールPFCの設計を簡素化します。その制御ループは、バレースイッチングによるコンスタント・オン・タイムCrMアーキテクチャをサポートしています。また、軽負荷動作における今日の世界的な効率基準を満たすために、周波数フォールドバック動作時にバレー同期でターンオンする不連続伝導モード(discontinuous conduction mode、DCM)で動作します。

トーテムポール型PFCを実現するために必要な外付け部品はごく少数であるため、省スペースと低い部品コストを実現できます。また、ホールセンサが不要で、サイクルバイサイクルでの電流制限を実現し、部品点数をさらに削減します。

また、SOIC-16パッケージのNCP1680は、先進的なトーテムポールPFCの設計を迅速に開発・デバッグできる評価プラットフォームの一部として利用できます。

参考資料:

ブログ: 業界初のインテリジェントなミックスドシグナルのブリッジレス・トーテムポール型PFCコントローラにより、AC-DC電源の効率化の課題を解決

オンセミ (onsemi) について

オンセミ (Nasdaq: ON) は、より良い未来を築くために、破壊的なイノベーションを推進しています。当社は、自動車と産業用エンドマーケットに注力し、自動車の電動化と安全性、持続可能なエネル ギーグリッド、産業オートメーション、5G およびクラウドインフラなどのメガトレンドにおける変化を加速させています。オンセミは、高度に差別化された革新的な製品ポートフォリオにより、世界の最も複雑な課題を 解決するインテリジェントなパワーおよびセンシングのテクノロジを創出し、より安全でクリーンでスマートな世界を 実現する方法をリードしています。オンセミは Fortune 500® 企業として認められ、また S&P 500® インデックスに含まれています。オンセミの詳細については、www.onsemi.jpをご覧ください。

###

オンセミおよびオンセミのロゴは、Semiconductor Components Industries, LLC.の登録商標です。 本ドキュメントに掲載されているその他のブランド名および製品名は、それぞれの所有者の登録商標または商標です。 本ニュースリリースでは、当社のウェブサイトを参照していますが、ウェブサイト上の情報はここには記載されていません。

報道関係者の方で、オンセミのプレスアナウンスのメール配信をご希望の場合は、以下のフォームに必要事項をご記入ください

* 氏名

* Eメール・アドレス

* ご所属の媒体

* プレスカテゴリ

*Required fields

ご希望の言語をお選びください(複数言語を選択可能)